スタッフ日記

Home > スタッフ日記 > 無垢材の見本

無垢材の見本

2018.01.12

こんばんは!

東松山市の住宅展示場

住まいるぱーくの 子ども見守り担当

若松です!!

今日は住宅の骨組みとなる材料について

お話ししようと思います。

 

これは無垢材と言って、一本の木から作る柱です。

乾燥して割れてしまっていますね。

割れるのは仕方がないので

こうして先に切れ目を入れて、収縮しても

ゆがんだりしないように工夫するそうです。

これは切れ目を入れておいてから

膨らんだ様子です。

なぜ割れるかというと、木材の含水率の問題だそうで

どうしても中心と外側とでは水分の含み具合が

変わってしまい割れてしまうそうです。

その点で言えば、集成材は(下の写真)

これが集成材ですが、これはそれぞれの板を乾燥させてから

貼り合わせているので割れるということは

無垢材に比べるとそうそうありません。

大事な骨組みには、反り返りやゆがみ、ふとったり

やせたりというのが少ない「集成材」がおすすめです。

もちろん!無垢材にもメリットがありますし、

割れることは悪ではありません!!

自分も日々勉強ですので、学んだことをここでまた

お伝えしていけたらと思います!

 

 

さて!!明日明後日は「福々祭」!!

ぜひ遊びに来てください!!

今ありがたいことに土曜日が午前午後と予約で

いっぱいとなってしまいましたので

日曜日の午後が今おすすめです!!

 

ではまた次回晴れ


スタッフ日記一覧に戻る
24時間
受付

来店予約受付中!

簡単フォーム入力30

クオカード1,000円分
もれなくプレゼント

来店予約はこちら

クオカード