スタッフ日記

Home > スタッフ日記 > プロは土地のどこを見ているのか

プロは土地のどこを見ているのか

2019.02.14

こんばんは!

東松山市の住宅展示場 住まいるぱーくの

桶川上尾土地探索隊長 若松です!!

今日は桶川上尾を学んで参りましたぴかぴか (新しい)

 

今日は土地を見るとき、プロはどんなところを

見ているのかをお伝えします!!

今日はこちら↓

土地と道路の境、側溝というものがありますね。

この写真では、空き地の前までで側溝のふたが終わっていて

サイズも小さくなっています。

この空き地でお家を建てようとする際、まずはふたを

するお金がかかるかも・・・と考えます。

ただ蓋をするお金がかかるな…という考えだけでよいのかというと、

そうではないのです。

この状態を見たとき、新築を建てる際も

きれいな側溝を作り替えないといけないのか

それとも蓋をするだけでよいのか

どんな許可が必要になるのか

そんなことを考えているのです!!

 

つまりプロがみてるのは

「どこでプラスにお金がかかるのか」

「どうすると費用を抑えられるのか」

という点です!

市町村が側溝を修繕してくれるかも確認したり

不動産屋さんに確認したり

あらゆる可能性を現地の情報から模索して、

その上で市町村に確認するのです。

 

市町村・地域・時期によって対応は異なる場合があるので

お気をつけて!!

 

そういう細かいところ、私たち住まいるぱーくが

お手伝いします!!

土地をお持ちの方も、ぜひ一度ご相談ください!!

こちらから 来店予約 できますよ位置情報

ではまた次回晴れ

 


スタッフ日記一覧に戻る
24時間
受付

来店予約受付中!

簡単フォーム入力30

クオカード1,000円分
もれなくプレゼント

来店予約はこちら

クオカード